テクニカル指標って?

できるだけ具体的に個別のテクニカル指標を解説します

「テクニカル指標の解説」
パソコンも お得に 自分の個性にあったものを 選びましょう!
外国為替取引やテクニカル分析の勉強等でお薦めのサイトやブログをご紹介

外国為替の扉 外国為替の基本知識、為替データ集、為替コラムからセミナーや本の紹介など
お役立ち情報が満載のお気に入りサイトです!!
相場の基礎知識(協栄物産株式会社) テクニカル講座や相場格言などが掲載されている便利なサイトです
ひまわり証券 私が主に取引をさせて頂いている会社です初めての方でも無料で勉強できます
(株)エフエックス札幌 ホームページ・リニューアル! スタッフのブログも面白いです
テクニカル指標

このホームページで紹介する予定のテクニカル指標は下記の通りです
気になる結果は このページ中段の「テクニカル分析結果」を見て下さい
テクニカル分析の進め方

分析ルール;各種テクニカル指標を用いた分析を行う時のルールです。ルールが異なると当然結果に影響しますので明示する必要があります。
対象通貨ペア
;分析対象の通貨ペアを示します
分析結果の見方
;分析結果に記載される記号の説明です

テクニカル分析結果

「外国為替取引テクニカル分析結果」

現在、USDJPYの分析結果から順次掲載中


【お待たせ致しましたぁ〜】
USDJPY分析結果の 先行無料配布(PDF形式)準備ができました
これには ホームページで公開できなかった
利益曲線はもとより 出典にある評価や フォワード・テストの詳細も記載しています

ご希望の方は 上記「外国為替取引テクニカル分析結果」にアクセスして下さい!!
なお月並ですが、このページ及び関連ページに記載されている内容を基に取引等を実施することにより、
損失が発生したり、機会を喪失したりといった全ての事項について、私は一切責任を負えません。全て自己責任でお願いします。
オシレータ系
相対力指数 %スロー・ストキャスティック ボックスの
ブレイクアウト逆張り法
穏やかな相対力指数法 移動平均フィルターを併用した
穏やかな相対力指数法
新高値・安値後の移動平均法 ストキャスティックを用いた反転 フィブ・キャッチャー ボラティリティ・システム
トレンド・フォロー系
ドンチャン・
チャネル・ブレイクアウト
移動平均交差(クロス) モメンタム DRV利食い法 オシレーター法
ADXフィルターを併用した
オシレーター法
ストキャスティックの破裂 週末・週初めブレイクアウト 指数移動平均差分法 %Fと移動平均との交差
VIDYA交差法 Qスティックと
移動平均との交差
シャンデのモメンタム
・オシレーター法
トレンド・ライン・ブレイクアウト 市場の尖度
FSRS
(尖度とRSIの組み合わせ)
ワン・ナイト・スタンド RSIの単純移動平均法 ジョーズ・クウォーター
・パウンダー
窓開け
包み足後の放れ 方向性指標(DI) チャネル・ブレイク・プルバック ボリンジャーバンド・システム ダイナミック・ブレイクアウト
・システム
ディレクショナル・スロープ
・システム
ゴールド・ディガー
・システム
このページはリンク・フリーですが、掲載したデータ及び分析結果の転用・転記はご遠慮ください
上を目指す貴方のために

個人投資家でテクニカル分析を学ぶ貴方は独立心が強いのでは?
かく言う 私がそうです!!
そんな貴方のためになる情報を提供します! !

まずは、会社をやめずに 一緒に「週末起業を目指しましょう!!


勉強家の貴方のノウハウを使って、今 話題の「情報起業」をやってみませんか?
危険!ここをクリックすると、たった5ヶ月で1600万円儲かってしまうかも!

テクニカル分析の時間だけではなく
テクニカル分析の勉強や気になるテクニカル手法の調査にも
あまりお金を掛けたくはないですよねぇ(^o^)

そんな時には、eブックオフで検索を! 私も使っています!


日本最大級の
ショッピングサイト

お役立ちリンク
お得情報!

"株式会社外為どっとコム"さんです
ご一緒にチャレンジしてみましょう!
ノーリスクです!


"パンタ・レイ証券"さんです
取扱通貨数と手数料の安さが魅力です
資料請求は無料ですので、せひ資料請求して他社と比較してみましょう



"ワカバヤシFXアソシエイツ"さんです
貴方の分析にプロ集団の分析が加われれば 鬼に金棒!?
分析時間の取れない私たちの強い味方になるかも?資料請求は無料です


お問合せ
関連Myページ

上記以外にも公開中のブログがありますので、見てくださいね!

外国為替取引記録日記;日々の外国為替取引の日記です

テクニカル指標の効果テクニカル指標をマイナーチェンジして分析するページです

 
自己紹介

(注)分析結果は、出典に記載のある基準日数等を基にしたモノとカーブ・フィッテングの結果を示します。
このカーブ・フィッテング結果のみで売買戦略として適用することは危険と考えます。
つまり、この分析結果は、売買戦略構築のベースとなるテクニカル指標を探すための作業であると捉えて下さい。

外国為替取引のテクニカル分析





















































































































































SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO